記事一覧

【最新第955話】“閻魔” 後半

週刊少年ジャンプ2019年42号に掲載のONE PIECE第955話!!
ワノ国編 第二幕 完
いよいよ討ち入りの当日、火祭りの日を迎えてワノ国編第二幕が「完」!!! それぞれが できる準備を終え、しかし数々の不安要素を抱えつつも、その日がやって来たんです。

最新話記事の後半です!! べべん!!


あ、前半の記事も読んでね!! ⤵︎










【戦力差】


芸者 おロビが潜入調査で得た情報です。


○「百獣海賊団」の兵力 約2万人

○「将軍オロチ」 行列の人数 約1万人


討ち入り当日の鬼ヶ島には計3万人の敵がいる。


そこにまだ上乗せがあるんですね。
カイドウとマムが海賊同盟
ビッグ・マム海賊団です!!! だからってビッグ・マム海賊団の全てを相手にする訳ではありません。ワノ国に来ているだけです。それだけでも凄い戦力ですけどね。幹部級がゾロゾロしてるんです。将星も来てる!!


また、マムはソルソルの能力で兵を生み出せます。ソウル(寿命)さえ誰かから奪えれば無限大に兵を生み出せるんですね。これを使って来るかでも変わってきます。


対するこちらの兵の数はというと。約4千200人。全面戦争はしないと言いつつも圧倒的な戦力差があるんです。どうなるのか。しかし、これに関してはですね。


庶民を巻き込まぬ分 “地の利”も敵にある


・庶民を巻き込まぬ発言


フランキー「10万人集まっても」


・フランキーが見立てる戦力


無数の煙突 不幸な労働者


・無数の煙突と多くの労働者



この3点から考えて ひっくり返ります!!!


最終的にワノ国全土を巻き込んで10万人規模の戦力が錦えもんサイドにつくと考えられるんですね。明確に錦えもんサイドにつかなくても、オロチ&カイドウの支配にNOを突き付ける人の数です。反乱軍の総数が10万人規模になると考えます。



武器工場があるのは兎丼だけではなくて、まだまだ沢山の数の工場がワノ国の全土にある。その全てに国中の怒りがくすぶっているんです。しかも、そこで働かさせる者達というのは、カイドウとオロチにとって大切な労働力である訳です。だったら ドフラミンゴがドレスローザでした鳥カゴによる大量殺戮の様な事はできないのです。


自給自足できなくなるから!!


巻き込めないんです。簡単には殺せないんですね。輸出用の武器が作れなくなるから。これらを解放し、まとめ上げる事ができ、鬼ヶ島に連れて行けさえすれば…
庶民を巻き込まぬ分 “地の利”も敵にある
カイドウ側の“地の利”が崩れるんです。


そうする為に必要なのが…


庶民らは錦えもん達の心は折れてしまっていると思っている


・光月家の心は折れていないと示す


こんな閉ざされた国にゃ助けも来ねェ


・海外からの援軍



描写からして この2点になりそうです。ネコマムシの到着が1つのキッカケになって来る可能性がありますね!!



ただし、最も重要なのが、どうやって全国の工場にそれを知らせ、労働者を解放するのかなんです。もう当日なんですよ。時間がないんです!!! これを考慮するとなると…
ローを逃した者の陰謀
裏で進行する陰謀ですかね。どうやらカイドウサイドで陰謀が渦巻いてるんです。ローを助けたシルエットの人物を軸としてです。ここが絡んで来る可能性があります!!! カイドウサイドの裏切り者が立ち上がって来ると面白くなります。



まぁ カイドウとマム、そして幹部級の敵こそをどう倒すかが問題なんでしょうけど。そこは迎え討つ麦わらの一味やキッド、ロー、赤鞘九人男などに任せるとして。庶民が立ち上がる事こそが重要になって来るんだと思われます。
世界中を巻き込む程の“巨大な戦い”
vs世界政府を見据えた戦いが始まろうとしていると考えています。







【霜月コウ三郎】


霜月コウ三郎
名工 霜月コウ三郎


この人物が「閻魔」を打ったのであり、ゾロが持つ「和道一文字」をも打った。つまり、ゾロの通った道場の先生であるコウシロウの父親に当たるんでしょうね。東の海シモツキ村を作った人達の1人。となるとですよ?
鬼徹
飛徹が打った三代鬼徹が東の海ローグタウンの武器屋にあった事とも関係があるのだろうか。50年以上前にワノ国を違法出国した者達の中に三代鬼徹を持ち出した者がいた。そして妖刀による呪いが出たから東の海で手放したって事かも。そうなると、



天狗山飛徹は何歳!!?


飛徹は天狗であって… 妖怪?



あの天羽々斬と閻魔を見てて思うのが、
天羽々斬と閻魔
この二振りの刀で一揃えって感じなんです。同時期に打たれた刀ではないのか?と。もしも そうなら霜月コウ三郎と飛徹は同時代を生きた人間になります。コウ三郎は亡くなってます。でも飛徹は生きてる。何歳?


ワノ国の名工2人。霜月コウ三郎と飛徹は同時期を過ごし、ライバル関係だった。こういうのも面白いんだけどなぁ。


何より 霜月コウ三郎の違法出国の理由が気になります!!! 何があってワノ国を出たというのだろう。ここも明かされそうな気がします。ワノ国が開国した時に明かされるのかもね。



【常影港に待ち受けるのは…】


ルフィ「見つかるなよ!!」
ルフィ「見つかるなよ!!」


見つかります!!!


見つかるというか、バレてますから。
オロチ「こっちを抑えりゃ充分か」
必ずやオロチは常影港に何らかの手を打って来る。



まぁ 彼でしょうかねェ。
余裕たっぷりの狂死郎
居眠り狂死郎ですよね。他に考えられます?


とてもヤバイです。



【内通者がいる】


これは とても重要だったので先に記事にしてます。
しのぶの人相手配書
この手配書では しのぶは捕まらないから…


『情報漏洩!! 犯人は… しのぶ!!?』


↑ 未読でしたら是非!!


でも 急いで書いた記事でしたので色々と抜けてるんですよね。もう1本、追記の形で記事にしようかとも考えてます。
トの康はしのぶが分かる
これだけ容姿が激変してるのにトの康はしのぶが分かったのです。面影ゼロなのに。なぜ?


ここは しのぶの20年間に関わると考えます。トの康はどこかでしのぶを見てたのかもね。しのぶという名前を耳にしながら。それで、潜伏してたの?


そして、
焦るしのぶ
作戦が漏れた…!? 何に焦ってる?


誰に漏れた?


僕はしのぶが怪しいと考えてます。そう考えるなら…


湯屋でホーキンスとドレークがガサ入れしてるのがシックリ来ない訳ですよ。百獣海賊団に作戦が漏れてる。誰が漏らしたのか。それは、そもそもホーキンスとドレークが花の都にやって来た理由です。誰かがクイーンに頼んで寄越したんでしたよね。狂死郎です。
札を拾う狂死郎
その狂死郎が判じ絵を拾ってました。ここと絡んでると考えます。狂死郎がホーキンス達を動かした。これによって福ロクジュ達も動かざるを得なかったのでしょう。内通者が何者であれ、これまで知ってて動かなかったのに。


加えて内通者がとっくにいたのなら、上の判じ絵を狂死郎が拾うシーンというのは何の為に描かれているのだろう。


まぁ 詳しくは記事にする機会があれば。







【九里に舞う桜】


康イエとペドロの墓
↑ 桜が舞ってますよね。花の都ではないのに。この演出によって…
ローは今どこに
ローが今どこにいるのか…
日和?
着物からして日和である人物がどこにいるのかが分からないんですよ。



桜が舞ってるから花の都と明確には言えないのです。


さぁ ローはどう動いてくるのか。ロー達は判じ絵の変更を解読できてはいないのです。常影港が約束の港だとは知らない。ワノ国の地理(各郷の港)も詳しく知りません。ほぼ確実にハートの海賊団独自で動いて来ますよね。どこにどう動いて来るんだろう。



【幕間】


第三幕までに別サイドの動きに移ると思われます。これも色々と予想したいですね!!
関連記事

最新記事

【第962話冒頭1ページ】オロチとは何もないまま光月おでんは白舞を出る? Nov 16, 2019
【第962話冒頭1ページ】ワノ国はグランドラインのミニチュア Nov 15, 2019
機密特殊部隊SWORDの任務とCP0 Nov 14, 2019
九里のヤクザの親分の謎 Nov 13, 2019
【トキトキの実】ルフィ達は時を超え酉の刻に現れる? Nov 12, 2019

全記事表示リンク